読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2 firms sued in China over wartime forced labor

 

 

 

2 firms sued in China over wartime forced labor

 

8:37 pm, February 26, 2014

 

http://the-japan-news.com/news/article/0001068933

Jiji Press BEIJING (Jiji Press)—Chinese who were forced to work in Japan under harsh conditions during World War II filed a lawsuit on Wednesday against their former Japanese employers, seeking compensation and apologies.

The complaint, filed with the First Intermediate People’s Court of Beijing by 37 plaintiffs, included bereaved families of such workers and demanded that Nippon Coke & Engineering Co., formerly Mitsui Mining Co., and Mitsubishi Materials Corp., pay damages of 1 million yuan, equivalent to about ¥17 million, per person.

The plaintiffs claimed the forced labor was a serious infringement of human rights meditated and committed jointly by the Japanese government and Japanese companies, including the two defendants.

They demanded the two companies issue apologies in newspaper ads in Japan and China.

At a news conference in Tokyo on Wednesday, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said there has been no dispute over China’s right to claim war-related compensation, including individuals’ rights, since the 1972 joint statement. The positions of the Japanese and Chinese governments on the matter have not changed, Suga said.

 

 

 

 

 

エキサイト翻訳による。

 

 

 

北京(時事通信) - 第二次世界大戦中に厳しい条件の下のジャパンで働くことを強いられた中国人は、補償と謝罪を求めて、水曜日に彼らの元日本人雇用者に対して訴訟を起こしました。

 

以前は、37人の原告によって北京の最初の中級人民法廷になされた告訴は、そのような労働者の遺族を含み、その日本コーク&エンジニアリング社を要求しました、三井鉱山社、そして三菱マテリアル1人当たり約1700万円と等価で、100万元の損害賠償金を払います。

 

原告は、強制労働が2人の被告を含む日本政府および日本の会社によって共同で計画され傾倒した重大な人権侵害であると主張しました。

 

彼らは、2つの会社がジャパンと中国で新聞広告中の謝罪を出すことを要求しました。

 

水曜日の東京の記者会見では、内閣官房長官菅義偉は、論争が中国の請求権に関してなかったと言いました、1972年の共同声明以来、個人の権利を含む戦争に関連する補償。

 

問題上の日本・中国の政府の位置は変わっていない、とスガが言いました。