読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京大学が軍事研究を解禁、他大学にも影響与える可能性

東京大学が軍事研究を解禁、他大学にも影響与える可能性・・韓国ネット「自由が保障されていた日本は死んだ」「東大が研究すれば...」

FOCUS-ASIA.COM 1月17日(土)21時27分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150117-00000022-xinhua-cn&pos=2

東京大学がこれまで禁じてきた軍事研究を解禁したという日本メディアの報道が、韓国で注目を集めている。

韓国・聯合ニュースは16日、産経新聞の報道を引用してこれを報じた。記事は、東大が1959年と67年の評議会で「軍事研究はもちろん、軍事研究として 疑われるものも行わない」との方針を確認し、全学部で軍事研究を禁じてきたことを紹介。そのうえで、東大は成果が公開されることを前提に軍事研究を解禁し たと伝えた。

安倍政権が2013年12月に大学の軍事研究の有効活用を目指す国家安全保障戦略を閣議決定したことを受けたもので、軍事研究を禁じている他の大学にも影響を与える可能性があるという。

 

(当ブログの見解)

東京大学の軍事研究解禁と言うニュースに、韓国メデイアも、朝日新聞

躍起である。日本国内に反日の牙城を形成して、その一角が崩れる事は、

日本弱体化の喪失を意味する。

東京大学が、とやかく言う前に、日本人の意志が問題である。

学問の府、日本の頭脳が、軍事忌避で良い理由は、何であろう。