読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口にはしないが、中国をうらやましがる日本人は多い―中国メディア

これは、全く、気が付かなかった。

 いや、考えた事も無いと言うべきか、日本にいる在日シナ人の数は50万人とも言うが、同じ理屈なのだろう。日支比較で言えば140万人ほども居なければならない筈だが、かぞえ間違いでもあるまいと、思うのだが、、

 住民税、固定資産税と言えば、個人の財産所有の感覚がないと言う事である。

つまり、自分の物は何一つないと言う事である。中国の職場は、公私の別がないと言う事である。つまり、私の物は私の物、貴方の物は私の物という区分があるだけである。

行政に携わる役人は公(おおやけ)ではなく、私的地位に安んじているという事である。

人民元の価値など、これまで、念頭にも無かった。

いや、全く素晴らし過ぎて、参考にも何にもなりやしない。

日本人で良かったと、誰かも言っていた。中国に羨望か、

畏怖という言葉とも久しく異なる。中国が理想の国なら世界中が見習う筈である。

 

 

口にはしないが、中国をうらやましがる日本人は多い―中国メディア

Record China 8月29日(土)12時1分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000032-rcdc-cn

 

 

2015年8月27日、日本人が最も好感を抱いている国はカナダ、アメリカ、ブラジルだという調査結果がある。その理由としては、カナダ国民は穏やかで、 日本とのいざこざも少なく、自然環境は良好で、生活が安定しているから。またアメリカは、日本の盟友で、世界の兄貴分で、技術が発達しており、生活も自由 気ままだから。ブラジルは、歴史的に日本人の移民大国で、明るく楽しい国民性をもっているからだ。(文:曲力民[チュー・リーミン])

【その他の写真】

一 方で、中国に好感を抱く日本人はさほど多くはないが、口にはしなくとも、中国を羨望の眼差しで見る日本人は多い。実は、中国の永住権(グリーンカード)を 取得している日本人の数は、アメリカの永住権を持つ人に次いで2番目に多いのだ。中国に常住する日本人の数でいえば14万人もいる。こうした日本人は、一 体どんな点で中国を羨んでいるのかご存知だろうか。

1、中国は住民税がない

日本の生態環境は確かに素晴らしいものがある。しかし、そんな日本に暮らすためには相応の税金を納めなくてはならない。日本では、長期滞在する個人は誰し も収入に応じた所得税の他に、住民税なるものを支払わなければならないという規定がある。その計算方法は複雑で、4人家族を例に挙げると、夫の年収が 500万円、妻が主婦、長男が20歳、次男が17歳の場合、毎年総額で18万円、月平均にして1万5000円を納めることになる。

2、中国は固定資産税がない

日本で家を買ったからといって万事めでたしということにはならない。固定資産税なるものが毎年発生するからだ。固定資産税は、地方公共団体が不動産価格に 基づき収めるべき税額を計算し、納税者に納税通知書を送る方式が採られており、税率は全国一律1.4%となっている。つまり不動産価格が高ければ高いほど 納税額も高い。中国では物件をいくつ持っていようと、少なくとも現段階では固定資産税は徴収されない。

3、中国では大都市でも車を持てる

日本では地方に住めば気軽に車を所有できるが、東京といった大都市でマイカーを所有することは非常に困難だ。一に置く場所がない。日本の大都市で駐車場を もつことは贅沢とされる。二に駐車代が高い。日本ではなんと分刻みに料金が計算される。三に違法駐車の罰則が厳しいといった理由が挙げられる。

4、中国ではごみに悩まされることがない

日本ではごみを捨てるにも管理費の支払いや規定の日に捨てるといったルールがある。テレビや冷蔵庫、自動車などの粗大ごみであれば少なくとも数千円、高い場合は数万円が徴収される。従って家にごみが溜まっていることもあり、年数を重ねると大きな負担となる。

中国では日時の規定なくごみを捨てることができ、粗大ごみに関しては現金で買い取ってくれる回収屋があちらこちらで見受けられる。

5、中国は野菜や果物が安い

日本で果物は、量り売りではなく個売りが主流だ。スイカだと1玉1万円に及ぶことがある。一般家庭の日本人はスイカを買うにも財布と相談していることだろう。一方中国では、シーズンともなると毎日のようにスイカを頬張ることができる。

6、中国の職場は気楽

日本の職場環境は管理が厳しく、仕事中の世間話はおろか、外出して休憩などもってのほか。会社の電話をプライベートに使うと同僚に白い目で見られるだろう。日本人は仕事があろうとなかろうときちんと席に座り、だらだらと仕事をするのだ。

一方中国では、仕事中のおしゃべりも会社の電話のプライベートでの使用も、大した問題にはならない。「ちょっと家の用事で」と臨時外出することも多々ある。

7、人民元が高価値

日本人が最も羨むのは、人民元が日本円よりも価値があることだ。日本は国家債務などの原因により、長年低金利で、銀行の年率はほぼ0.3%。中国の銀行はその10倍近くはあるだろう。そのため個人の貯金は中国と日本で大きな価値の違いがある。

日本では生活コストが高いため、多くの日本人にとって日本円で給料をもらい、中国で暮らす、これが一番理想的なスタイルだろう。反対に、中国人にとってみ れば、人民元で給料をもらって日本で暮らすことは誤った選択となるかもしれない。(提供/人民網日本語版・翻訳/IM・編集/武藤)

mas*****

|報告

それほど良い国だったら、村山元首相が真っ先に行くと思うが
そんな気無いみたいですよ。