読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上自衛隊は情報、火力、防御力すべての面でとても先進国の軍隊とはいえないお寒いレベル←本当なの?

 

陸上自衛隊は情報、火力、防御力すべての面でとても先進国の軍隊とはいえないお寒いレベル←本当なの?

カテゴリ:
陸上自衛隊
20161115
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/48866094.html


1: バズソーキック(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)[AU]

 《 自衛隊に駆けつけ警護できる戦闘能力はない その4防御力編 後編

 陸上自衛隊は情報、火力、防御力すべての面でとても先進国の軍隊とはいえないお寒いレベルである。率直に申し上げてトルコは勿論、中国以下である。このため駆けつけで激烈な戦闘を行った場合、他国の何倍も戦死者や四肢を失う隊員が発生するだろう。

 今回の南スーダンに派遣されている車輌は殆どが非装甲の車輌であり、駆けつけ警護の交戦において射撃されれば当然ながら弾は貫通する。自衛隊の装甲車の防御力が低いのは問題だ。この種の任務に主として使用されるのは4輪の小型装甲車である軽装甲機動車8輪の96式装甲車であるが、現在南スーダンに派遣されているのは軽装甲機動車のみだ。両車輌とも機動力が弱い。それは陸幕が路上での運用しか想定していなかっためであり、路外では走行は極めて困難である。中東やアフリカの乾燥地でも機動性が危惧される。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

JGSDF_Type96_APC_20120429-02
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161113-00010005-jindepth-pol
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479094791/

 

5: キチンシンク()@\(^o^)[ニダ]

じゃあもっと装備整えないとね

 

8: 不知火(東京都)@\(^o^)[IN]

陸上は割とマジでそう
実は最大の障壁は道交法
あとは国産縛りとお上の運用仮定の曖昧さ

  • 7. 軍事速報の中将

  • 2016111521:35

  • ID:1nN2pIwI0

  •  陸上戦力に限れば、列強や先進国と比べ、貧弱なのは否めないな。

     もともと、兵器運用は防御主体。
    正面戦闘も重視してないし、侵攻作戦向きの攻撃力・打撃力も持っていない。
    日本は、世界一の道路舗装率を誇るので、砂漠や岩山の荒れ地は想定されないし。

     だが、自衛隊の海外派遣は、戦争をしに行くわけじゃない。
    どこかを占領したり奪還したりもしないし、相手は武装した現地住民であって国の軍隊ではない。
    自衛隊に求められているのは、災害地の被災者と同様の支援であって、それは世界トップクラス。
    戦う為の軍隊でなく、人命を守る為の自衛隊という組織なので、戦闘力で比べるのがおかしい。