読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民主党の小西洋之氏は鴻池氏が他の議員の背中を踏み台に、何度も鴻池氏の背後に飛びかかる

 転載記事です

式日記と経済展望
株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/e95b994ded830a36ebc46f3c9a0d90b2


民主党小西洋之氏は鴻池氏が他の議員の背中を踏み台に、何度も鴻池氏の背後に飛びかかる
2015年09月18日 | 政治
民主党小西洋之氏は鴻池氏が他の議員の背中を踏み台に、
何度も鴻池氏の背後に飛びかかろうとしていた乱闘国会

2015年9月18日 金曜日

◆騎馬戦? 棒倒し? 暴力まがいの議員に安保政策を論じる資格なし 9月18日 産経新聞
安全保障関連法案が大混乱の末、可決された。この過程で民主党など野党は、法案の採 決を阻もうとあらゆる手段を繰り出した。その最終段階で国民が目にしたのは、他の議員の背後から飛び乗ったり、議事進行に必要な書類を無理やり奪おうとす るといった、およそ立法府にあるまじき光景だ。暴力まがいの行動に訴える国会議員に、日本の平和と安全保障政策を論じる資格はない。
 17日午後4時半前、参院第1委員会室で開かれていた特別委。鴻池祥肇委員長(自 民)は自身の不信任動議が否決された直後、質疑を打ち切った。その瞬間、野党議員が鴻池氏めがけて押し寄せ、与野党議員の怒声が飛び交った。ここまでは、 重要法案の委員会採決時によくある光景だ。
 だが、この日は明らかに常軌を逸していた。
 民主党小西洋之氏は鴻池氏が持つ議事進行のペーパーを奪いたかったのか、他の議員の背中を踏み台に、何度も鴻池氏の背後に飛びかかろうとしていた。その姿は「騎馬戦」や「棒倒し」を想起させた。
 一部の女性議員も派手な行動に出た。同党の牧山弘恵氏は他の議員に飛び乗り、社民党福島瑞穂副党首も鴻池氏を囲む輪の中に何度も割り込もうとした。
こうした光景はNHKの生中継で全国に報じられた。次世代の党の和田政宗幹事長は採決後、記者団に「飛びかかって暴力を振るうのは議会の自殺行為だ」と嘆いたが、後の祭りだ。
 採決前日にはこんなできごとがあった。16日夜、特別委理事会は締めくくり総括質疑を開始するかをめぐり、休憩と再開を繰り返し、ギリギリの攻防を続けていた。だが、その国会内で、仲良く笑顔を作って“記念撮影”に興じる民主党共産党の女性議員たちの姿が見られた。安保関連法案に対して「徴兵制につながる」「子供を守ろう」と訴え、女性の立場から真剣に反対しているはずの彼女たちだが、そのはしゃぎぶりからは何が何でも成立を阻止する悲壮感や緊張感は一切感じられなかった。
 民主党が安保関連法案に反対する政策的な理由も判然としない。
 岡田克也代表は今年6月、安倍晋三首相との党首討論で「集団的自衛権はいらない」と断言した。
 だが、14日の参院特別委で、岡田氏がかつて、集団的自衛権の行使について「必要性を認めていた」と指摘された。それは平成15年5月の読売新聞紙上に掲載された発言だった。
「今の憲法は、すべての集団的自衛権の行使を認めていないとは言い切っておらず、集団的自衛権の中身を具体的に考えることで十分整合性を持って説明できる」
 中国や北朝鮮による軍事的脅威は、そのころと比較にならないほど増大している。12年前は認めて、今は認められないというのは誰もが腑(ふ)に落ちないだろう。
 野 党が法案反対のために利用し続けたのが「憲法学者」「デモ」「印象操作」の3つだった。安全保障政策が専門ではない憲法学者の「違憲論」を最後まで頼り、 国会前のデモにも積極的に出かけた。そして安保関連法案を「戦争法案」とレッテル貼りを繰り返し、“悪法”と決めつけた。
 「長く審議するほど内閣支持率は下がる」
 野党幹部は17日、平然と言い放った。つまりは「反対のための反対」だったということか。こうして安全保障の本質的な論議は置き去りにされた。(峯匡孝)

在日の国会議員2人が暴力沙汰で佐藤委員長代行を締め上げている!

(私のコメント)

昨日はテレビの相撲中継を見ようと思ってテレビをつけたら国会のプロレス中継をやっていた。なかでも民主党小西洋之議員のジャンピングホールドは見ものだった。これらの事は、あらかじめシナリオ通りなのであり、テレビ中継向けのパフォーマンスだ。

法 案の議論と言っても、与党も野党もピント外れの議論ばかりであり、国会前のデモ隊も「憲法を守れ」とか「戦争反対」といったスローガンでは、国民も何で反 対しているのか分からなくなる。安保法案が憲法違反かどうかは最高裁で議論すべきであり、与党も本来は憲法を改正して対処すべきだった。

そ れとは別に法律の解釈を変えて適用する事も当たり前の事であり、法律が出来た頃と現在とは事情が代わって解釈を変えなればならない事は沢山ある。だから法 律学とは六法全書を丸暗記するのではなく、どのように法律を解釈するかの学問であり、憲法九条で軍隊を持たないと書かれていても、前提が変われば条文の解 釈も変わるのが当然だ。

憲法改正が出来ないのは野党の一字一句も改正するには反対と言った姿勢が原因となっていますが、改正が出来なけれ ば解釈を変えるしかない。内閣法制局が解釈を決めるのではなく、国会が解釈を変更しなければならない。野党はそれにも反対していますが、条文を金科玉条の ように運用していたら年がら年中条文を変えなければならない。

だから裁判所の判例を見なければ法律は分からないのであり、憲法などは政治が絡んで来るから最高裁憲法判断は難しい。このような事は大学で法律学を学べば常識なのですが、憲法を解釈で変えるのは反対と言っても、条文を変えずに解釈を変える事は裁判でもよくあることだ。

自 衛隊のイラク派遣でも特措法で対応していましたが、PKO活動でも自分の身を守れないのではPKO活動もままならないので、集団的自衛権で常時対応できる ようにするのが集団的安全保障法案の中身ですが、野党は拡大解釈して戦争法案だとか若者が徴兵されるとか言って反対している。

これは法律 の拡大解釈を重ねればそうなると言うだけで、反対理由としては弱い。だから野党は憲法違反を理由に反対していますが、条文からすれば自衛隊憲法違反であ り野党は自衛隊の解散も主張すべきだ。しかし鬼怒川決壊でも救助活動は自衛隊でないとヘリの運用も難しい。この辺が野党に国民の支持が集まらない原因であ り、国会前でデモをしても意味がない。

むしろテレビ中継を見ても、白議員や福山(陳)議員などの在日議員たちが防衛問題に深く関与して活 動していることが問題だ。在日と言っても法律上は日本人であり選挙で選ばれていますが、在日の国会議員がどれだけいるか分からない。韓国系議員たちは名前 も日本名に変えてしまう事が多くて実態がよく分からない。

彼らが帰化して正真正銘の日本人として日本の為に働いてくれれば問題は無いので すが、工作員として日本に帰化して韓国の国益の為に日本の国会議員になったとすれば問題だ。選挙制度でも小選挙区制になって党で議員が選ばれるようにな り、たとえ在日でも候補者が支持政党の候補なら選ばれてしまう制度になっている。

防衛省でも内部文書が共産党に流出しましたが、防衛省にも在日の自衛隊職員がおりスパイ活動を行っている証拠だ。このような事は浸透工作と言って、日本人に成りすまして工作員が入り込んで活動をしている。本人が日本人でも身内が中国人とか韓国人の場合もある。

日 本にはスパイを取り締まる法律が無いからどうする事も出来ませんが、浸透工作員が日本に帰化して国会議員になり政治を動かすようになると問題だ。日本の為 に働いてくれれば問題は無いが、民主党の白議員や福山議員は日本の為になる法律を阻止しようとして活動している。冒頭の写真を見ればそれはよく分かるで しょう。


憲法改正 (Unknown)
2015-09-18 14:33:35
>与党も本来は憲法を改正して対処すべきだった。

現在のゴミ憲法をいくら改正してもゴミのまま。

先ずは、現憲法の改正手続きにしたがって、元の帝国憲法に一旦戻し、改正はそれから。

この手続きなら、法的に国民も納得する。
なぜなら、現憲法も帝国憲法の改正手続きに従ったのだから。


Unknown (Unknown)
2015-09-18 14:43:44
>国会前のデモ隊も「憲法を守れ」とか「戦争反対」といったスローガンでは、国民も何で反対しているのか分からなくなる。

彼らは「憲法9条があれば、日本は侵略されない」と叫んでいる。

現実には、すでに竹島が侵略されている。
この事実から、国民は憲法9条の無力さを痛感している。


>「3種類の鮮人」がいる (Unknown)
2015-09-18 15:15:06
>日本には「3種類の朝鮮人」がいる

(1)在日朝鮮人(9割が通名(偽名)、戦後、朝鮮人犯罪のニュースがない日はなく、朝鮮人=犯罪者であり、朝鮮人であることを隠す為に通名を使うようになった。過去の凶悪犯罪もほとんどが在日だが、国籍を報道せず通名報道ばかりだ)

(2)帰化朝鮮人反日帰化するものも多く、ほとんどが通名帰化。民団に出入りする者も多数。密航犯罪者とその子孫なのに、なぜか帰化するのも他外国人と比べて優遇されている在日特権帰化人の凶悪犯罪も多く、神社油撒きテロ犯も帰化朝鮮人

(3) 背乗り(はいのり)朝鮮人(被差別部落(同和)に多く背乗り(ハシシタなど)いまだ差別あるというエセ同和はほとんどが朝鮮人の背乗りで893も多い、広 島長崎の原爆や空襲などで焼け野原になった地域で背乗りが多く発生、日本人を拉致しその日本人に背乗り(背乗り拉致)、尼崎事件や吉田清治など戸籍乗っ取 り)

<元公安調査庁の菅沼光弘曰く「日本の裏社会の構成要素として「ヤクザ・同和・在日」の3つを挙げ、ヤクザの6割が同和関係者、ヤ クザの3割が在日韓国朝鮮人」> 帰化は少なくともアメリカ並みにはすべきだ、願わくば朝鮮人帰化禁ずべき、 犯罪を犯せば、有無を言わさず帰化を取り消すべき、 戦後だけでも、どれだけ日本人が朝鮮人の犯罪被害に合っているのか、 帰化を含めた朝鮮人犯罪が多すぎる、犯罪遺伝子を持っているとしか思えない、 もっと日本人は、日本国内にザイニチだけでなく帰化朝鮮人や背乗りがいることを知るべきだ、2015/06/27(土)

暴力団の3割 25000人が在日。これに対し日本を守る日本の自衛隊(日本人)は何人か?」と聞いたら「26万人」・・・ 最低限、徴兵訓練は再開すべき。在日も紛れ 込んでるんだよ、奴等には「朝鮮名名札」下げろ。自衛隊800名の妻が外国人、うち7割が支那人という。驚くべき事だ、560名の中共ハニトラ妻が自衛隊 監視員だ。イージス艦の機密をシナ中国軍に漏らした自衛隊員妻は支那人だった事忘れたのか。

2010年から中国人民解放軍が毎年3万人日本の大学院に留学させて、その後日本国籍取得可能。中国人の暴動が国内で起きても強制送還もできない。


Unknown (引用)
2015-09-18 21:28:59
>集団的自衛権関連の安保法案の件

中国の南シナ海への、周辺国を無視するが如くの進出を、東南アジアの該当国は、武力((海軍力)が無いために、どれほど歯がゆい思いをしているか。

今法案改正に関しても、異を唱えているのは、韓国、中国の2国のみで、ベトナム、フィリピン、インドネシア始め東南アジア諸国、インドも賛成し、喜んでおります。

白州次郎に記されているように、太平洋戦争で日本帝国の軍事力に多大な犠牲を強いられた米国(GHQ)に謂わば押し付けらた軍事力放棄を主目的にした現憲法であるのが事実。

敗戦国ドイツは、戦後数回に亘り、憲法改正を実施し(独立国であれば、正当な改正です)、NATO軍の一員として戦闘に参加しております。

憲法第9条の法解釈としても、1899年のハーグ平和会議の不戦条約と重複する条文があることから、『理想的規範』と解釈すべしとの法学者の解釈に同意する次第です。

日本国内の治安が、シンガポールと同様に良好なのは、拳銃という武器を使用できる警察の方々の努力によるものと確信しております。

国家間でも武器を使用できない軍隊では、日本の国自体を守る事は、できません。現状の法体制では、海外へ国連軍の後援活動実施の為、出掛けた自衛隊隊員自らも、テロ等の攻撃に対し、武器を使用出来ぬ状況にあり、一刻も法整備の対策が急務です。

大戦で日本が敗れた一つの原因として、海上航路による物資輸入が、米国海軍の潜水艦攻撃によりほぼ壊滅状態に陥った事が挙げられる。

南シナ海が中国の手中に入れば、先の大戦同様日本が衰退するのは必至と考えます。今法改正は日本が生き残る為の序章に過ぎぬ。

「国 旗掲揚」、日本国民として情けない思いです。当地、タイ国では、朝8時のタイ国国旗掲揚、夕方6時国旗を降ろす際は、国歌放送と共に行われ、公共の場 (駅、学校、公園等)で、タイ国民は子供も含め、直立し、最後は国旗に対しお辞儀をすることが徹底しております。自分の母国を愛するならば、国歌、国旗に 対し礼をなすのは当然であり、極東の島国では、教師が起立しないと云う報道に、怒りを覚える程です。自国の国旗を敬わぬ者は、当然、他国の国旗を敬わぬ事 となります。海外で、その国の国家、国旗掲揚時は、外国人であっても、起立し、礼を示すのが、常識です。

当地タイ国で、母国の象徴である国旗、国歌を敬わぬ若い日本人の観光客が、映画館で映画上映の前の、現国王、タイ国歌上映に対し、椅子にふんぞり反っているは当地で顰蹙を買い侮蔑されていますことは、日本人として恥ずかしい限りです。
敬具 タイ在留、(憂国の臣)2015-07-22